ハゲを促進するシャンプー

私たちはほぼ毎日髪の毛を洗っています。

髪の毛を洗うにはシャンプーを使いますが、実はこのシャンプーの中にハゲを促進するかもしれない成分が含まれている事は皆さんご存知でしょうか。

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

市販のシャンプーのほぼ全てに含まれているラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na。この2つの成分は直接的には無いにせよ、結果的にハゲを促進する形になる成分です。

では一体この2つの成分は髪の毛にどのような影響を与えるのでしょうか。

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naと名前が似ていてわかりにくいですが、両方共AES系界面活性剤と呼ばれている成分で、洗浄力に優れています。

シリコン

シャンプーの洗浄力が高いのはこの2つのお陰です。ただあまりに洗浄力が強いため、髪をバサバサのしてキューティクルにダメージを与えてしまいます。

それを補う為にシャンプーにはシリコンが使われていたりします。

これがどうハゲと関わっているかと言われると、AES系の界面活性剤が頭皮のタンパク質を変化させて、毛穴が潰れてしまうのです。

それだけではなく、しっかりと洗い流さないと卵白の固まったようなものも出てきて、フケの原因となります。

このような事が毎日起こっていては、髪に良い影響を与えることはありませんし、勿論ハゲを促進することに繋がります。

出来ればAES系界面活性剤の入ってないシャンプーを使いたいですが、価格も市販のシャンプーの4倍程と割高なので考えて使いましょう。